Shigotosagashi.com - バイリンガルのための就職情報サイト

執筆者: 酒井謙吉
Pacific Dreams, Inc.
25260 SW Parkway Avenue, Suite D
Wilsonville, OR 97070
Phone: (503) 783-1390
Fax: (503) 783-1391
www.pacificdreams.org
技術翻訳やビジネス・コンサルティングを主要業務とする Pacific Dreams, Inc.
翻訳というものは、いまさらあらためていうまでもないことですが、書かれている言語の内容を他の言語に正確に移し変える作業をすることでありますから、その作業の途中で翻訳者自らのフィルターや思い込み、さらに固定観念を通じて、書かれている内容や筆者の使っている言葉遣いやトーンなどを曲折したり、変えてしまう自由や裁量はまったく許されていないわけです。 翻訳に関して基本中の基本みたいなことを言っているわけなのですが、実は、無自覚的あるいは無意識的にご自分の持っているフィルターや思い込みを通してしまいますと翻訳しているときのご自身の感情やストレスレベルなどが翻訳の質や精度に関してどうしても影響を与えてしまうことになります。 やはり、翻訳者としてそれは何としても避けたいわけです。

私自身も文書の翻訳をゼロから行うことが今でも時々あるのですが、よい翻訳ができたときというのは、作者と同じ心の状態に立っていて、次にどのような論理やストーリーの展開が待ち受けているのかと、訳す前におおよその展開の予測ができるような、筆者と翻訳者とが限りなく近いところの一体感を味わえる、筆者に対して感情移入さえしている自分がいるといった、そのような状態を経験したときには、自分でも満足のいく翻訳に仕上がっているという事例を体験できます。 逆に筆者と翻訳する自分との感情的な乖離が大きくなってしまっているときには、時間を要した割りには、なかなか納得の行く翻訳には仕上がらない、力ずくで何とか翻訳をしたような感じになって、仕事の疲労感だけがいつまでも残るといった事例を経験することになります。

アメリカにいても日本にいても、私たちの言論は基本的には自由であって、さまざまな意見や持論の展開をすることが許されているわけですから、当然翻訳者は、心情の異なる作者が書いた文章を翻訳する機会にも数多く接すること出てまいります。 また仕事でありますので、一方的に翻訳者の意志だけで翻訳を受け付けなかったり、あるいは選択から外したりということにも限度があります。 すると自分ではこんな拙い書き方はしないだろうにとか、あまりにも抽象的過ぎていて要点がぜんぜん見えないなどというようなフィルターや批判の目を最初からかけてしまうことは、翻訳者自らが、あえて筆者から遠ざかったり、背を向ける形で嫌々仕事をするということにもつながってしまいますので、当然筆者と翻訳者との間に存在する心理的距離の乖離が広がってしまいます。

翻訳者が必要とされるスキルや能力に関して、以前にもこのコラムで記事にしたことがありましたが、初心に立ち返って考え直してみますと、偏見を捨てて、オープンマインド、つまり心を開いて筆者の書いた文章に対峙することが非常に基本的なことですが、何よりも必要とされることではないかと最近またつくづく思いを巡らせるようになりました。 翻訳者は、少なくとも筆者に対しては、フェアであり、謙虚であり、寛容であり、かつ柔軟性があり、そして願わくば賛同者であり、信奉者(少なくとも翻訳という仕事関係の中においてですが)であることが何といっても望まれる関係だと申せます。

このようなことを書くとテクニカル・マニュアルや法律文書の翻訳をご専門になさっている方々からは、専門的用語や技術的・法律的内容の正確な翻訳が生命線であるこれらの分野の翻訳に限って、そのような筆者との心理的距離感や自身のフィルターを通すなどという次元レベルでの話は、適切ではない、あるいはお門違いのものではないかと今にも指摘を受けそうであります。 専門性に特化して精度の高い直訳をコアにして進めるのが基本である技術翻訳や法律の分野では、確かに筆者への感情移入などというのは、通常起こらないことだといわれるかもしれませんが、それでも筆者が人間で、翻訳者も人間である以上、技術や法律内容の優劣、文章表現や記述における巧拙、さらに論理上での展開の仕方などで、翻訳者が無自覚のうちにファイルターをかけてしまうことがやはり起こりうることではないかと思います。

翻訳という仕事をしていていつも素晴らしいと思えることは、自分の知らない未知の世界に扉が開かれている状況に遭遇させてもらえることにあるのではないかと日頃から考えています。 こちらから特に求めていたわけでもないのに、今までまったく縁も所縁もなかった分野や業界への扉が開いて、急に近づいてくことのできる機会が突然にして与えられます。 そのようなときに、翻訳する機会が与えられた幸運な人間として、何はともあれ、オープンマインドで無心な状態で接することが何にもまして重要となるのではないでしょうか。 その意味で翻訳者とは未知なる分野の探求者でもあり、言語の熟練者でありますので、筆者には敬意を持って翻訳をこの小さな自分が今から受け持たせていただくのだという謙虚な姿勢がやはり筆者に対しての距離感を短くしてくれる最初の指標になるのではないかと考える次第なのです。



仕事探し.comはワシントン州・オレゴン州を中心にバイリンガルの人材を紹介・派遣しています。


履歴書をお持ちの方はクイック登録が可能!


優秀なバイリンガルをお探しの企業様はこちら


個人情報・履歴書のアップデートはこちら





帰国GO.com - 留学生のための就職活動サポートサイト
日本での仕事をお探しの方は、帰国GO.comへ



Shigotosagashi.com / 仕事探し.com - ワシントン州・オレゴン州の求人情報サイト

Global Career Partners, Inc.
Copyright © 2005 - 2017 Global Career Partners Inc. All rights reserved..