Shigotosagashi.com - バイリンガルのための就職情報サイト

執筆者: 酒井謙吉
Pacific Dreams, Inc.
25260 SW Parkway Avenue, Suite D
Wilsonville, OR 97070
Phone: (503) 783-1390
Fax: (503) 783-1391
www.pacificdreams.org
技術翻訳やビジネス・コンサルティングを主要業務とする Pacific Dreams, Inc.
今から15年ほど前に話はさかのぼるのですが、、Pacific Dreams, Inc. を創業する前に、私は三菱シリコンアメリカ(現SUMCO USA)という半導体用シリコン製造企業で、技術者ならびに資材担当者として勤めていた傍ら、数人いた社内翻訳者のスーパーバイザーとして日本の本社工場から届く大量の技術文書の翻訳に携わっていた時期がありました。 そのときに社内翻訳者の方々とともに一緒に働くことのできた貴重な経験などから、日系企業が社内翻訳者を置くことの成果は、企業のマネージメント側が社内翻訳者(ときには通訳者も兼ねるときがある)の重要性をしっかりと認識し、社内でも明確にそのポジションとジョブ・ディスクリプション(職務内容記述書)などを確立させていたかどうかという点にあるのではないかと考えるようになりました。

社内で翻訳や通訳が出来るということは、個々の詳しい工程や機械の部品などの形状が分からないときなどには、実際の製造現場に行って、直接自分たちの目で見て確認することができ、現場にいるオペレーターやスーパーバイザーにもその場で話を聞かせてもらえるなど、苦労は多く、手間隙はそれだけ費やしますが、翻訳の仕事をしていく上で、他では得がたいメリットがあり、翻訳者として努力のし甲斐があります。 しかしそれらの努力に対して、企業側のマネージメントが正当な評価やフィードバックを行い、社内翻訳者に対してサポートをしているかどうかという点になりますと、彼ら彼女らの努力が果たしてどれだけ報われているかにつきましては、状況はとたんに怪しくなります。

私の経験から申し上げますと、企業が社内でフルタイムでの正社員として翻訳者・通訳者を採用することはそれなりに大きなコストのかかることでもあり、常に翻訳や通訳の仕事が社内にあるとは限らないような場合には、それこそ社内でのお荷物扱いとしてとらえられてしまうことがあります。 翻訳や通訳の仕事が社内に常時ないような場合には、総務一般の仕事の手伝いなどをすることになり、ジョブ・ディスクリプション上でも“何でも屋さん”という感じで、曖昧さが募ります。

その結果として、社内翻訳者に対してマネージメント側からの正当な認識が十分なされず、社内における“便利屋さん的な”扱われ方しかされていない、といった残念な現実が次第に見えてくることが少なくありません。 そのために、やる気も実力も備えている優秀な翻訳者が長く社内に留まって、いっそう活躍したいというモチベーションが少しずつ失われていくことになります。 そしてそう遠からずして退職してしまうという状況が日系企業の中で繰り返えされることになります。

私は、今後、アメリカで事業を継続拡大し、アメリカ市場での成功を目指すような日系企業にとりましては、社内翻訳者のポジションに対して明確な規定を作り、社内で正しく処遇していくポリシーを企業のマネージメント側の立場として十分策定しなければならないのではないかと思います。 その中で、当然いろいろな試行錯誤も出てくるものかと思われますが、翻訳や通訳の出来る優秀な人材を採用できたら、社内で業界知識や専門技術を学んでもらい、長期的な雇用に結びついていけていくのであれば、それは企業にとっても翻訳者にとっても双方での“Win-Win”関係を構築することのできる、またとない、すばらしい機会になるはずだと考える次第です。

仕事探し.comはワシントン州・オレゴン州を中心にバイリンガルの人材を紹介・派遣しています。


履歴書をお持ちの方はクイック登録が可能!


優秀なバイリンガルをお探しの企業様はこちら


個人情報・履歴書のアップデートはこちら





帰国GO.com - 留学生のための就職活動サポートサイト
日本での仕事をお探しの方は、帰国GO.comへ



Shigotosagashi.com / 仕事探し.com - ワシントン州・オレゴン州の求人情報サイト

Global Career Partners, Inc.
Copyright © 2005 - 2017 Global Career Partners Inc. All rights reserved..