Shigotosagashi.com - バイリンガルのための就職情報サイト

執筆者: 酒井謙吉
Pacific Dreams, Inc.
25260 SW Parkway Avenue, Suite D
Wilsonville, OR 97070
Phone: (503) 783-1390
Fax: (503) 783-1391
www.pacificdreams.org
技術翻訳やビジネス・コンサルティングを主要業務とする Pacific Dreams, Inc.
このコラムの読者の方々は、「機械翻訳」という言葉をきっとお聞きになったことがあろうかと思います。それはいわゆる市販されている「翻訳ソフト」一般のことを指して(揶揄して)いる名称です。 英語でもそのまま“Machine Translation”と呼ばれておりまして、翻訳業界や翻訳者の間でもネガティブなイメージが非常に強いと言っても過言ではないと思います。プロとして、ビジネスとして翻訳を生業にしているわれわれにとりましては、確かに市販されている翻訳ソフトは、はっきり言って、翻訳の仕事としては使えない代物です。

しかし、翻訳を生業とはしていない方々、そして翻訳の正確さはどうでもよいから、どんなことが書かれてあるのか程度のことをとにかく手っ取り早く知りたいという場合には、それはそれで翻訳ソフトを購入して使ってみる効用は十分にあろうかと思われます。そうは言いましても翻訳ソフトのメーカーの方からしてみれば、そのようなレベルでの使い方のプロモーションは一切していません。あくまでも、人間である翻訳者と対等にコンピートできるがごとく、翻訳ソフトが品質的にもたいそう優れものとしてPRが打たれていますので、そのような状況の中にあっては、現実問題として大いなる誤謬が生じることになります。

一方の翻訳支援ソフトは、先月のこのコラムでもご紹介させていただきましたTRADOSのような、翻訳メモリー(TM)を搭載した、翻訳者にとってはサポートツールとしてのソフトのことを指しています。したがいまして翻訳支援ソフトは、最初からメインのユーザーをプロの翻訳者に仕立てて設計し、改良されてきております。ユーザーインターフェイスや画面上では、まだまだユーザーフレンドリーというようなレベルまでには達しておりませんが、ユーザーが使いこなしていくうちに、クライアントごとにカスタムメイドのTMが蓄積され、とりわけ同じ繰り返しの表現の多いIT関係のマニュアル文書などでは翻訳者であるユーザーにとりましては、翻訳の効率化と品質の一貫性に多大なる貢献をもたらしてくれることになります。

ここまで書いてみて皆様お分かりではないかと思いますが、翻訳ソフトと翻訳支援ソフトとではまさにお互い「似て非なるもの」であり、お互いを比較すること自体、意味をなすものではありません。しかしながら、ここにきてひとつの変化が翻訳ソフトに最近発生してまいりました。 それは、翻訳ソフトにもTMの機能を付けさせ、機械翻訳機能プラス翻訳支援ソフトにもなりうるように機能アップが行われ始めたのです。すなわち、今までほとんど相手にされてこなかったプロの翻訳者にも試してもらえるだけの仕様に衣替えしてみようということなのです。 ただ水と油とまでは言わないまでも、この「似て非なるもの」をひとつのソフトの中に混在させるメリットが果たして本当にあるのかどうか、私としてはまさに疑心暗鬼の状態です。

従来の翻訳ソフトでも、専門用語を独自に登録させ、用語集としてカスタムメイドすることは機能的に存在していました。特に技術翻訳の世界では、専門用語の適確な翻訳がある意味、品質の勝負どころでもありますので、専門分野ごとに適切な専門用語の訳語を持っているという特徴は、翻訳者にとってはとても心強い味方であると申せます。一例をあげますと、半導体製造装置のオペレーションマニュアルの中で使われる“Control”という単語は、「制御」と訳すのが最もふさわしいかと思いますが、財務関係や経営書の中の“Control”は、同じ単語でも訳語は「管理」となります。同じく、「校正」という言葉が、測定装置の取説の中にあれば、それは、“Calibration”になりますが、出版関係の文書の中であれば、“Proofreading”となり、このように訳語が分野や業種によって異なってくるわけです。それを翻訳ソフトでマネージメントしようとすると手入力で単語を登録して、コツコツと辞書作りをしなければなりません。

これに対して、TMを持つ翻訳支援ソフトは、単語ではなく、文章単位でオリジナルの文章と翻訳された文章の記憶を行い、データベース化します。単語の一致だけで翻訳を見ていることはしていませんので、翻訳者の器量が翻訳された文書の品質の中で問われる余地が、この翻訳支援ソフトを使った場合には、それだけ大きく残るということになります。つまり、翻訳支援ソフトを使っても、翻訳の品質は、基本的に翻訳者の持っているその人のスキルに回帰するという傾向が強く、機械翻訳とは、根本的に様子が違ってきます。そのような性質の違うソフトの「いいところ取り」が果たして可能であるのかどうか、私は今大きな関心を持って見守っているところです。翻訳支援ソフトでは操作性にまだまだ難があるため、翻訳ソフトにTM機能を一緒に搭載した暁には、ユーザー側での使い勝手についての負荷がますますもって極大化するのではないかという危惧であります。この経緯は、今後ともじっくり観察していくつもりでありますので、追って、また皆様方にご報告を申し上げてみるつもりでおります。


仕事探し.comはワシントン州・オレゴン州を中心にバイリンガルの人材を紹介・派遣しています。


履歴書をお持ちの方はクイック登録が可能!


優秀なバイリンガルをお探しの企業様はこちら


個人情報・履歴書のアップデートはこちら





帰国GO.com - 留学生のための就職活動サポートサイト
日本での仕事をお探しの方は、帰国GO.comへ



Shigotosagashi.com / 仕事探し.com - ワシントン州・オレゴン州の求人情報サイト

Global Career Partners, Inc.
Copyright © 2005 - 2017 Global Career Partners Inc. All rights reserved..