Shigotosagashi.com - バイリンガルのための就職情報サイト

執筆者: 酒井謙吉
Pacific Dreams, Inc.
25260 SW Parkway Avenue, Suite D
Wilsonville, OR 97070
Phone: (503) 783-1390
Fax: (503) 783-1391
www.pacificdreams.org
技術翻訳やビジネス・コンサルティングを主要業務とする Pacific Dreams, Inc.
最近私が日本人の若い翻訳者の方々に接してお話をお受けしたときに、翻訳者に必要とされる能力とは、どんなことが考えられますかという、きわめて単刀直入なご質問に遭遇しました。 私は、少し考えた後に、語学力があるということを当然の大前提として、3つの能力に分けられるでしょうと言って、話を切り出してみることにしました。まず、文章の読解力、次に常識、そして最後にコンピュータスキルの3つを翻訳者の能力としてあげてみました。

その場はそれで終わったのですが、その夜になって、果たしてその3つの能力だけで本当に十分であったのだろうかという思いが突然頭の中をよぎり始め、目が冴えて眠れなくなってしまいました。結局ベッドから起き上がり、忘れないうちにと思い、頭をよぎった他の能力についても書き留めまして、ようやく深い眠りにつくことができました。

基本的には、先に申し上げましたこれら3つの能力が翻訳者にとって必要不可欠であることにまず異論はないものと思うのですが、それでもひとつひとつを検証してみたいと思います。初めに文章の読解力についてですが、それは言うまでもなくオリジナルのドキュメントについての読解能力ということになります。オリジナルに書かれてある文章の意味を十分に理解した上で、翻訳する言語に書き写すことがまさしく翻訳作業そのものなのですが、翻訳する言語上での表現力というのがここでは新たに問われてくる能力でありましょう。つまり、オリジナルの読解力と翻訳言語での表現力は一対の関係となっており、いくら日本語の読解力があっても、英語表現が貧弱では、やはり翻訳者としては能力上、十分であるとは申せません。

次の常識でありますが、現在のように専門分野がいっそう細分化されてきますと、ある専門分野に強い翻訳者というのは、とても心強いところがあります。これを英語では、Subject Matter Expert(SME)と翻訳業界などでは呼んでいます。しかしながら、ある専門分野においてどんなにSMEである翻訳者がいたとしても世間一般の常識に欠けるような翻訳者であっては、やはりよい仕事が出来る翻訳者ということにはならないでしょう。その意味で、専門分野と常識とは一対になって、共に評価され、それぞれの価値がいっそう発揮されてくることにつながるものかと思います。

最後のコンピュータスキルにつきましては、ワードやエクセルができますというのは、言うは易しなのですが、どちらも大変多くの機能があり、それぞれの機能を十分に使いこなすまでには、相当な熟練度とトレーニングが必要です。また、一方で、翻訳途中で調べてみないことにはわからない専門用語や専門技術というものが出てくることがよくあります。昔ならば、大百科辞典や公立図書館にでも行かなければわからなかった内容でも、今はすべてインターネットのサーチエンジンを使って瞬く間に検索をして、突き止めることが誰でもいともたやすくできるようになりました。

中には「検索の鉄人」と呼ばれるような方もいらっしゃるようですが、検索に関するノウハウやスキルというのも翻訳者にとりましては大変重要な能力のひとつになってきました。コンピュータスキルと一口に言いましても、ソフトウエアの持っている機能を使いこなす能力、検索をするノウハウとは、それぞれに奥が大変に深いものがあります。私の経験上ですが、優秀な翻訳者は総じて、コンピュータの達人であると呼べる方がほとんどであるような気がいたします。

最後にこれもすべての翻訳者にとっては大前提でありますが、気力、体力そして忍耐に勝るものはないと思います。翻訳は限られた時間の中で行われる作業でありますから、常に時間との戦い、納期との戦いということになります。最近特にIT関係の分野では、短納期、大ボリュームというのが翻訳業界の趨勢となってまいりまして、仕事がくればもうその段階で、ストップウォッチを持って、スケジュールを組んでヨーイドンという感じの有様です。それは製品サイクルがますます短くなり、開発から生産までのリードタイムの短縮、そして一刻も早く市場に製品を投入し先行者利益を得なければならないという使命が企業サイドの至上命題になっているからにほかなりません。

それでは、翻訳するスピードの速いことも重要な能力になるのでしょうか。それは、YESでもあり、NOでもあると言えます。人間である以上、当然スピードが上がれば、見落としも増えますし、品質が犠牲になります。しかし、スピードは遅いよりは速い方がよいにきまっています。スピードを速くするためにソフトウエアの機能を使って、人間がやるよりもコンピュータがやってくれた方が速くて確実な場合には、コンピュータにやらせて、そこでスピードを大いに稼ぐわけです。

この辺のスキルは、今後翻訳者として生き残っていくためのますます重要なノウハウになってくるかもしれません。そうでないと、翻訳の仕事までもが中国やインドにすべて行ってしまうということになりかねないからです。現在、そのような兆候もすでに現れてきています。翻訳者の真の能力とは、世界的規模における大競争時代の中でも十分通用することのできるグローバルな能力であるといえるのかもしれません。

仕事探し.comはワシントン州・オレゴン州を中心にバイリンガルの人材を紹介・派遣しています。


履歴書をお持ちの方はクイック登録が可能!


優秀なバイリンガルをお探しの企業様はこちら


個人情報・履歴書のアップデートはこちら





帰国GO.com - 留学生のための就職活動サポートサイト
日本での仕事をお探しの方は、帰国GO.comへ



Shigotosagashi.com / 仕事探し.com - ワシントン州・オレゴン州の求人情報サイト

Global Career Partners, Inc.
Copyright © 2005 - 2015 Global Career Partners Inc. All rights reserved..